one hour

2011年6月1日

2011年6月号

注目の企業に学ぶ

株式会社久原本家グループ本社

「永続」のために根を育てる

02

最後発メーカーだからこそ国産の卵にこだわりぬいた辛子明太子の「椒房庵(しょぼうあん)」。
西日本最大級の茅葺き屋根を有する日本家屋で心を込めたおもてなしを提供する自然食レストラン「茅乃舎(かやのや)」。
そして、祖業である醤油をはじめ各種調味料を製造する「久原(くばら)醤油」。
先代から受け継いだ従業員わずか6名の会社をいかにして福岡の食文化を牽引する企業へと成長させたのでしょうか。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事