one hour

2012年5月1日

2012年5月号

注目の企業に学ぶ

株式会社生活の木

次世代につながる循環構造を築く。

01

日本にハーブとアロマテラピーを紹介し、文化として根付かせてきたパイオニア企業、株式会社生活の木。
現在、全国約100の直営店のほか、ハーブガーデン、サロン、カルチャースクール、体験型ツアーなど、生活のなかに植物の恵みを取り入れる提案を幅広く展開し、今後は医療・介護分野への広がりも期待されています。
企業活動自体を途上国・福祉・環境等への社会貢献に直結させる『循環型スパイラル』を構築する重永社長にそれらすべての根幹をなす〝理念〟について伺いました。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事