one hour

2014年8月1日

2014年8月号

注目の企業に学ぶ

有限会社プロマックス

地域の保健・医療・福祉をつなぐ。それが薬局です。

01
コミュニティマンションカフェ「まんまん」

木村社長の背後に立つ建物は、コミュニティマンション&カフェ「まんまん」。自立した高齢者向けに設計された、全く新しいコンセプトの集合住宅だ。

青森市内4ヵ所に「ハロー薬局」の店舗を構える有限会社プロマックス。〝最も親近感をもたれる薬局〟というコンセプトのとおり、客層は実に様々。
処方せんを手にした人はもちろん、「健康情報をたずねる主婦」や「健康茶を飲みにきた高齢者」「おもちゃで遊ぶ子どもたち」など、地域の人々が気軽に立ち寄る〝交流の場〟にもなっています。
また、薬局以外に介護保険相談室や高齢者向けマンションも経営。
木村社長が手掛けた数々の革新的な取り組みは、ときに行政をも動かし、地域医療や街づくりにまで影響を与えてきています。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事