one hour

2015年1月1日

2015年1月号

注目の企業に学ぶ

有限会社玉木新雌

流行ではなく、「気持ちいいもの」をつくりたいのです。

09

現在の兵庫県西脇市を中心とした北播磨地方で、主にワイシャツの生地として発展した綿織物「播州織(ばんしゅうおり)」。
玉木新雌さんは、そんな伝統的な地場産業の世界に〝よそ者〟として飛び込み、播州織の既成概念を打ち破り、新たな価値を創出したデザイナーです。
その手から生み出されるショールやウエアは、まるで空気を纏うかのように軽く、柔らか。
ファッション=流行とは無縁のものづくりは人づてに広がり、今ではアメリカやイギリスなど、海外からも注目されています。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事