one hour

2018年6月1日

2018年5月号

注目の企業に学ぶ

長崎船用品株式会社

漁業・造船の街とともに生き、百年企業を目指して

oh201805_01

長崎船用品株式会社は、造船業や水産業、海運関係などのあらゆる船舶・港湾に関わる、多種多様な商品を取り扱い、造船の街・長崎で「船のデパート」とも称されてきた企業です。
また国内随一の規模を誇る整備事業場(国交省認定)を保有し、日夜、航海の安全を守っています。
長年にわたって地場産業に寄与し、ともに歩んでこられた宅島博之社長にお話を伺いました。

聞き手:下栁まり子(大同生命保険株式会社 長崎支社)

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事