one hour

2020年1月14日

2019年11月号

注目の企業に学ぶ

九州鉄道機器製造株式会社

社員が“ものづくりの喜び”を実感し、共有する仕掛けづくり。それが私の役割です。

鉄道の進路を変える分岐器、レールを連結する継目板、トンネルの支保工(ルビ:しほこう)、道路照明灯など、社会インフラを支える“骨格”を製造・販売・保守管理する九州鉄道機器製造株式会社。
創業から百年近い歳月を“人命に関わる技術”の向上に努めてきた同社で、五代目の重責を担う大野浩司社長が掲げた理念は「人を大切にする経営」。その言葉の背景にあるものを伺いました。
聞き手:岡本美智代(大同生命保険株式会社 北九州支社)

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事