がんのコラム

2018年4月2日

経営者に知ってほしいがんの知識/第15回 糖尿病とがん

がん 健康管理

bp800015

わが国は、男性の3人に2人、女性の2人に1人が、がんになる世界一の「がん大国」ですが、「糖尿病大国」でもあります。日本における糖尿病の推定患者数は約900万人、予備軍を含めると2000万人を超えると言われます。

糖尿病は、糖尿病性網膜症や腎症といったさまざまな合併症を引き起こすことが知られていますが、2010年に米国で、糖尿病はがんの発症にも関連があるとする報告書が公表されています。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事