この記事のタグ: がん 健康管理

経営者に知ってほしいがんの知識 /第39回 富士通のがん教育

がんのコラム 2020年4月21日

現在、日本では、男性の3人に2人、女性でも2人に1人が一生の間になんらかのがんにかかります。私もその一人でしたが、毎年100万人以上の日本人が新たにがんと診断され、その3分の1が働く世代の人です。

がんは細胞の老化といえる病気ですから、年齢とともに発症者は増えます。しかし、乳がん、子宮頸がんは例外的に老化以外の要素が大きく、54歳までは女性に多い病気です。今後、定年が延長され、働く女性の割合が増えることで、働く世代のがん発症は、さらに増えると思われます。

がんは、少しの知識とそれに基づく行動によって、運命が分かれてしまう病気ですから、「がんを知る」ことが大切です。中学、高校の学習指導要領に「がん教育」が明記され、現在、全国展開が進められています。

問題は今の大人たちへの教育です。学校でがん教育を受ける機会はありませんでしたし、就職後もそのような機会を得ることは困難です。この「大人のがん教育」の不在はわが国の大きな課題であり、その解決には企業の力が不可欠です。子供にとっての学校に相当する一種の強制力を持つ場所は、大人にとっては職場だからです。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事