この記事のタグ: がん 健康管理

経営者に知ってほしいがんの知識/第54回 華岡青洲

がんのコラム 2021年7月5日

江戸時代の医学者「華岡青洲」は1804年、世界で初めて、全身麻酔による手術を行ったことで有名です。エーテルによる全身麻酔が西洋で行われるより40年以上も前のことです。

洋の東西を問わず、画像診断などもなかった時代、がんと言えば「乳がん」を指しました。がんの「外科手術」もまた、乳がんを中心に続けられていました。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事