この記事のタグ: がん 健康管理

経営者に知ってほしいがんの知識 /第55回 大同生命サーベイ

がんのコラム 2021年8月10日

がんは男性に多い病気ですが、若い世代では女性患者が上回ります。乳がんや子宮頸がんが若い世代に多いからです。女性の就業率が上がれば、会社に若いがん患者が増えることになります。

男性の場合、50代半ばから患者数が急増しますから、定年が延びると、現役世代の男性がん患者も急増します。

就労環境の変化で、働くがん患者が増えることになります。まさに、「がん社会」の到来です。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事