財務力を鍛えたい

2016年3月17日

キャッシュ・フロー計算書の基本構造を理解しよう

税務・財務・会計 資金調達・予算管理

160316

キャッシュ・フロー計算書で何が分かるの?

財務諸表は、会社の一定期間の経営成績や決算期末時点の財政状態などを表すものです。財務諸表を見れば、「会社がどの程度利益を上げているのか」「借入金がどの程度あるのか」「資金に不足はないのか」などが分かります。

代表的な財務諸表として「損益計算書」「貸借対照表」「キャッシュ・フロー計算書」があります。この記事で注目するのはキャッシュ・フロー計算書です。

キャッシュ・フロー計算書には、会社の現金の流れ(キャッシュ・フロー)が、営業活動、投資活動、財務活動の3つの活動ごとに示されています。

  1. 営業活動によるキャッシュ・フローは商品の販売などの営業活動を通じたキャッシュの流出入を示します。
  2. 投資活動によるキャッシュ・フローは、各種資産の取得や売却などによるキャッシュの流出入を示します。
  3. 財務活動によるキャッシュ・フローは、資金の借り入れや返済などによるキャッシュの流出入を示します。

キャッシュ・フロー計算書を読んでみよう

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事