忘年会・新年会の費用は経費で落とせるのか?

財務力を鍛えたい 2016年12月23日

忘年会や新年会の費用の会社負担分の扱いは

会社が行う忘年会や新年会では、会社が費用を負担することは少なくないでしょう。しかし、負担した費用は必ずしも福利厚生費(経費)として処理できるわけではありません。

税務上は、会社が負担する費用のうち、「専ら従業員の慰安を目的として行われるもの」は、原則として福利厚生費になります。しかし、福利厚生費として処理をするためには、幾つかの要件が備わっていないといけません。では、どのような要件を満たしていく必要があるかについて、具体事例を交えて確認をしてみましょう。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事