財務力を鍛えたい

2018年6月12日

ABC分析を使って購買の基本を学ぼう

税務・財務・会計 資金調達・予算管理

bp600020

すべての会社で必要な購買を見直そう

1)購買は身近な業務

購買と聞くと、製造業における原材料の仕入れなどをイメージするかもしれません。しかし、「事業活動で必要となるものを調達すること」と考えれば、購買はすべての会社で必要な業務です。

たとえば、ボールペンや消しゴムといった消耗品を調達することも購買であり、卸売業や小売業における商品の仕入れも購買に当たります。

この記事では、購買を事業活動で必要となるものを調達することと定義して、効率的に行うための基本を紹介します。また、購買の対象を「商品」として説明します。

2)購買には課題がいっぱい

適切な購買を実現するためには、相応の手間や準備が必要です。簡単に思いつくだけでも、次のような点に気をつけなければいけません。

  • 自社が求める品質・数量・時期・価格などの条件に応えてくれそうな会社をピックアップし、見積もりを出してもらい、取引先を決定する
  • 自社の条件に合う取引先を見つけても、その後も継続的により良い条件の取引先を探して、変更を検討する
  • 過剰在庫を招かないよう、発注や購買した商品の在庫管理を適切に行う

また、一口に「商品」といっても、月間の売上高が数千万円ある商品もあれば、数万円しかない商品もあります。このように会社に対する貢献度や影響度が異なる商品について、同じ労力をかけて管理することは現実的ではありません。

そのため、「重要な商品はきめ細かく、そうではない商品は最低限の方法で管理する」といったように、メリハリをつけることが大切です。

商品管理に使えるABC分析とは?

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事