この記事のタグ: M&A 税務・財務・会計

中小企業のためのM&A入門~M&A取引の交渉過程と各過程における検討ポイント~

財務力を鍛えたい 2021年6月30日

実際のM&A取引の一般的な流れと、それぞれの段階において検討すべきポイントを本稿では解説していきます。個々の取引によって、若干の違いはあるものの、典型的なM&A取引は、次のような6つのステップを取ります。

M&A取引の一般的な流れ

ステップ1:M&A取引の目的や形態、対象企業のイメージの事前検討

ステップ1として、M&A取引の目的や取引形態、対象企業のイメージを作ります。実は、筆者はこの部分が最重要だと考えています。このステップで検討すべきこととしては、次のようなものがあります。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事