経営者としての見識を深めたい

2016年3月11日

「論語」で極める上司道。部下がついていきたくなる上司になる

リーダーシップ 古典 経営者 部下育成

rongo01

あなたは部下の目に魅力的なリーダーとして映っていますか?

組織(会社)におけるリーダーの役割は、「目標の設定と達成を繰り返しながら、組織を持続的に成長させること」です。リーダーには、これを実行するための権限が与えられていますが、自分本位に権限を振りかざすだけでは、部下はついてきてくれません。リーダーは、部下から支持される存在になる必要があります。

「リーダーは信頼できる。あの人についていこう」
「リーダーは尊敬できる。もっと力になりたい」

リーダーは高い業務遂行能力を備えており、部下に対して大きな影響力を持っています。しかし、リーダーが一人でできることは限られます。もし、部下が一人も出社してこなかったらどうなるでしょうか。リーダー一人では、ほとんどの業務を遂行することはできません。リーダーは、自分に協力してくれるフォロワー(支持する部下)があってこそのリーダーなのです。

また、多くのリーダーが「思うように部下が育たない」「なぜ、こんなに簡単なことが分からないのか理解できない」など部下に対して不満を抱く一方で、周囲から支持されるリーダーの下には、「リーダーの考えを正しく理解した上で、リーダーが期待する以上の成果を上げてくれる部下」や、「リーダーとは異なる視点から物事を分析し、進言してくれる部下」がいます。この違いはどこから出てくるのでしょうか。部下は、能力があるという理由だけで、このような働きをしているわけではありません。有能であることに加え、「尊敬するリーダーに認められたい」「リーダーが困っているので力になりたい」という思いを持っているからこそ、本気で頑張ってくれるのです。

つまり、リーダー自身が部下に支持される魅力的なリーダーになれば、部下は本気で頑張ってくれるようになり、リーダーの不満は解消されます。それだけでなく、頼りになる部下の協力を得ながら、リーダーはリーダーとしての活動に集中し、より大きな成果を上げることができるのです。

本稿では、部下の立場から見た魅力的なリーダーを目指すための考え方について紹介します。

魅力的なリーダーとは?

個々には異なるものの、部下の立場から見た魅力的なリーダーのイメージは「仕事力(業務を遂行する能力)」「人間力(人格などの魅力)」「努力(目的を実現するために地道に励む力)」などを備えた人だといえるでしょう。また、仕事力や人間力は、双方いずれかに偏ったものではなく、バランスよく兼ね備えていることが求められます。

「尊敬するリーダーに認められたい」「リーダーが困っているので力になりたい」といった、リーダーに対する部下の尊敬や忠誠心は、リーダーの能力はもちろんのこと、人間力に対する評価が大きな影響を及ぼします。例えば、以下のような言動を取るリーダーは、部下から人間力が高いと評価されるでしょう。

  • 私利私欲で行動しない
  • 自分の誤りを認めて、正すことができる
  • 大所高所から指示するだけではなく、部下の置かれた立場も理解しようと努める

上記に挙げたのは一例ですが、こうした日々のリーダーの言動が積み重なって信頼が醸成され、部下からの支持へとつながります。

とはいえ、「これさえやれば、部下から信頼され、リーダーとしての魅力が備わる」といった正解があるわけではなく、リーダー自身で試行錯誤しながら行動していくしかありません。その際にリーダーの参考になるのが、中国古典の「論語」の教えです。「論語」は古くから多くのリーダーに親しまれており、ビジネスシーンにおいても、渋沢栄一「論語と算盤」にみられるように、著名な経営者やビジネスリーダーの多くが愛読書として挙げています。それは、「論語」にリーダーシップを考える上で多くのヒントが説かれているからです。

「論語」とリーダーシップ

1)リーダーに必要な「仁」

「論語」において、大きなテーマになっているのが、孔子(こうし)が目指した「最上の人間性である『仁』」(*)についてです。仁とは、「思いやり」や「いつくしみ」を表すとされています。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事