経営者としての見識を深めたい

2016年3月9日

「論語」で磨く部下力。 仕事を任せたくなる部下になる

コミュニケーション 古典 部下育成

rongo02

あなたは上司から信頼されていますか

日ごろ、部下が担当している仕事のほとんどは上司から直接的、間接的に指示されたものでしょう。そのため、部下が「プロジェクトチームに参加したい!」「新しい仕事に取り組みたい!」など、ビジネスパーソンとして成長したいと考えるならば、上司の信頼を勝ち取り、仕事を任せてもらわなければなりません。ただし、“ゴマすり”をして上司に取り入るというわけではありません。そもそも上司は、自分に媚びへつらってくる部下を信頼しません。上司が信頼するのは、信念を持って仕事に取り組んでいる部下であり、そうした部下と仕事をしたいと考えています。

本稿では、上司から信頼される部下になるための秘訣を紹介します。

上司の真意を理解しよう

1)どうして上司は小言を言うのか

上司は部下に小言を言います。部下からしてみると、「何もそんな細かいところまで指摘する必要はないのに。上司というのは小言が好きだな……」と感じることもあるでしょう。しかし、これは“上司の心、部下知らず”というものです。上司が部下に小言を言うのは、自身の経験上、部下がビジネスパーソンとして相応しくない立ち居振る舞いをしたときや、仕事に向き合う姿勢が間違っているときです。部下は悪意なく行動しているだけでしょうが、ビジネス経験が豊富な上司には、部下の“まずい”言動が目立って見えます。できれば上司は小言を言いたくはありません。小言を言えば部下を傷つけてしまうかもしれないため、それなりに気を使います。また、時間も割かなければなりません。それでも小言をいうのは、ひとえに部下の成長を願ってのことなのです。

一方、部下はそんな上司の親心が分かりません。例えば、始業1分前に出社してきた部下に、上司が「もう少し早く出社しなさい!」と注意したとします。部下は、口では「申し訳ありません……」と言いつつも、内心は「始業時間前に席に着いているのだから、ギリギリセーフでしょ!」と考えているかもしれませんが、これは少々考えが足りません。上司は始業時間ギリギリにきたことだけを注意しているのではありません。始業とは、文字通り仕事を始める時間です。事前にパソコンを立ち上げ、スケジュールや段取りを確認しておかないと、スムーズに仕事を進めることができません。そうした準備を疎かにする姿勢は、ビジネスパーソンとして相応しくないことを教えようとしています。

また、ビジネスでは時間管理ができないと取引先や関係者に迷惑を掛けてしまうため、部下が社内外の人から信用を失ってしまうのを防ごうともしています。

このようにして、上司はさまざまな意味を込めて、部下にアドバイスや注意をしています。これが少しでも理解できれば、部下の言動は改善されていき、上司の信頼も得られるようになるでしょう。

2)上司の真意を知ろう

上司からのアドバイスや注意の真意を知るために、まずは次の4つのパターンに注目してみましょう。

上司の発言とその真意

以降では、上記4つの点を解消して、信頼の厚い部下へと成長するための考え方と、中国古典の「論語」から仕事に対する心構えなどにも通じる言葉を紹介します。

「正しく報・連・相ができない部下」からの卒業

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事