この記事のタグ: 朝礼 部下育成

次工程はお客様/朝礼スピーチ   

経営者としての見識を深めたい 2016年3月12日

次工程はお客様/朝礼スピーチ

私たちにとって、大切な「お客様」とは誰でしょうか。もちろん、自社の商品を購入してくれたり、サービスを利用してくれたりする人こそ、最も大切なお客様です。しかし、忘れてはならない、別の「お客様」がいます。それは先輩・後輩・同僚など会社にいる仲間です。

「次工程はお客様」という言葉があります。これは簡単にいうと「お客様に接するときと同じような丁寧さで、後工程の担当者が業務を進めやすいように自身の業務を引き渡す」ということです。「次工程はお客様」という考え方が実践されると、業務を引き継ぐ次工程の担当者は、効率よく業務を行うことができるようになります。また、作業ミスも防止できるなどさまざまな効果があります。

「次工程はお客様」という言葉は製造現場でよく使われますが、この考え方が大切なのは、製造現場に限ったことではありません。製造現場以外の業務であっても、一人の手で完結する業務というのは限られており、多くの業務には必ず「次工程」があります。ですから、「次工程はお客様」という考え方を実践することは会社の業務に携わるすべての人にとって大切なのです。

「次工程はお客様」といっても、何をするとよいのか分からないかもしれませんが、この考え方を実践することは難しいことではありません。例えば、重要な業務に関する書類は他の書類といっしょに渡すのではなく別に渡します。

仮にいっしょに渡すのならば、目立つように付箋(せん)を付けたりします。こうしたことは些細なことのようですが、立派に「次工程はお客様」という考え方を実践しています。

「次工程はお客様」という考え方を実践する上で大切なことは、後工程の業務内容やその業務の担当者に対する思いを巡らせることです。業務の進め方はもちろんですが、時には担当者の得意分野・不得意分野や現在の業務の繁忙状況といったことも考えてみてください。そうすると次工程の担当者がスムーズに業務を進めやすいように、自分が協力できることが自然と分かるものです。

こういうと当たり前のことのようですが、実際には「社内の人だから、それほど気を使わなくてもいいだろう」といったような甘えがあるせいか、「次工程はお客様」という考え方が実践されていないことが多いようです。例えば、事前に決まっていた社内納期を守らず、後工程の担当者に迷惑を掛けてしまったというような経験は誰もがあるはずです。

簡単なようで常に実践し続けることは難しいのが、「次工程はお客様」という考え方です。「次工程はお客様」の言葉を常に心に留めておき、実践するように心がけてください。それだけで、より質の高い、周囲から信頼される業務を行うことができるようになるはずです。

以上

※上記内容は、本文中に特別なことわりがない限り、2016年3月14日時点のものであり、将来変更される可能性があります。

執筆者
日本情報マート

中小企業の頼れる情報源として、経営者の意思決定をサポートするコンテンツを配信。 「開業収支」「業界動向」「朝礼スピーチ」など2000本を超えるコンテンツを有するほか、年間200件以上の市場調査も行っている。現在、50を超える金融機関に情報提供を行っている。

関連記事