経営者としての見識を深めたい

2016年3月12日

縁を広げる/朝礼スピーチ

朝礼 自己啓発

iStock_000010457817Small

縁を広げる/朝礼スピーチ

今日は「縁と人脈」についての話をします。

これは、(昨日お会いした)銀行出身のコンサルタント会社の社長の話です。その社長は50歳を過ぎ独立し、コンサルタント会社を立ち上げました。最初のころは、顧客はそう多くなく、会社は経営的には苦しかったようです。そうした時期でもこの社長はご自身のスキルアップのために勉強会に参加していました。その勉強会で、隣に座った銀行員と親しくなり、ともに勉強に励んだそうです。これが、この銀行員とのご縁の始まりです。その銀行員は後に頭取となり、この方を通じて多く方とご縁ができたそうです。結果として、そのご縁はコンサルタント会社の社長の有力な人脈となりました。この人脈を通じて、クライアントも増え、会社の業績も拡大したのです。

ビジネスパーソンには有力な人脈が必要だといわれます。皆さんも、学生のときからの友人、社会人になってからの知人などさまざまな人脈をお持ちのはずです。こうした人脈はいつの間にかできたものです。その中には、プライベートな悩みを相談できる友人や仕事上のアドバイスをもらうことができる知人がいるでしょう。そうした友人・知人をできる限り増やしていただきたいのです。多くの人から多くのことが学べるはずです。

友人や知人の方に、そのお知り合いを紹介していただくのも、人との縁を広げるひとつの方法です。しかし、大人になると対人関係には壁を作りがちで、そうしたことに積極的に取り組めません。そこで、皆さんには、共通した話題のある集まり、具体的には「セミナーや勉強会」「趣味の会」などにできる限り参加し、多くの方と接していただきたいのです。

人脈が広がれば、いずれ皆さんが心から尊敬できる方に出会えるはずです。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事