経営者としての見識を深めたい

2016年3月9日

5Sの「整頓」は、“誰でも分かる”が基本

組織運営 経営者

5S_03

「整頓」の意味とは何か

5Sのスタートラインである「整理」と対を成しているのが、この「整頓」です。5Sにおける「整頓」のポイントは次の通りです。

  1. 必要なものが必要なときにすぐに取り出せる
  2. 誰でも容易に取り出せる
  3. 容易に元の場所に戻せる

これを全て満たすこと、つまり「仕事で使うものが、いつも決まった場所に、決まった保管方法で、コンパクトに収納してある状態にする」ことが、5Sにおける「整頓」です。具体的には、使用する器具などを効率性・視認性・安全性などを考慮に入れた場所・レイアウト・方法で保管しておくことです。

整頓するものに優先順位をつける

膨大な量のものを整頓する際は、ある程度の工夫をしないと、ものの位置を変えるだけで終わってしまうこともあります。そこで、整頓する対象物に次のように優先順位をつけ、高いものから整頓を行うと、作業がスムーズに進みます。

逆に、他との区別が容易な工具、代替がきく道具(鉛筆やメモなど)、資料などは整頓していなくても作業に与える影響は比較的小さいため、優先順位を低くしておき、時間があったら整頓を行うとよいでしょう。

整頓する際に優先すべきものの例は次の3つです。

  1. 危険なもの:重いもの・鋭利なもの・長いものなど、使用する際や移動する際に危険を伴うもの。
  2. サイズが多数あるもの:ボルト・ナット・クギ・レンチ・ドライバー・スパナなど、形状は似ているがサイズが多数存在するものは、使用する際、探し出すのに時間がかかる上、サイズが違うと使用できない。
  3. 見た目が似ているが用途が異なるもの:接着剤・研磨剤・塗料・建築素材など、見た目が似ているものは、用途を間違えると、大きな事故やクレームにつながることもある。

整頓の手順~効果的な8つのステップ~

定置とは、「置き場所」「保管方法」「表示方法」の3つによって構成されている、整頓の最も大切な手法のことを指します。この定置の考え方を基に、整頓の手順をまとめると次のようになります。

ステップ1:整頓対象を決める
ステップ2:置き場所を決める
ステップ3:保管方法を決める
ステップ4:表示方法を決める
ステップ5:整頓一覧表を作成する
ステップ6:整頓に必要なツールを作成する
ステップ7:実施日を決める
ステップ8:整頓を定着させる

整理が年に数回行えばいいのに対し、整頓は毎日行っていかなければなりません。そのため、整理に比べ、より具体的かつ詳細な計画に基づいて進めていく必要があります。以降では、整頓のポイントや具体例を紹介します。

整頓は各自で行う

自分が使うものの整頓は、基本的に自分で行います。道具を整頓する場合、見た目をきれいに並べるだけでは意味がありません。作業効率や使用頻度などを十分考慮に入れた上で整頓する必要があります。また、自分できちんと整頓すると不思議と愛着が湧き、いつもきれいに使おうという意識が生まれる効果があります。

ただし、忘れてはならないのは、5Sにおける整頓には、冒頭で言ったように「誰でも容易に取り出せる」という要素が入っていること。「自分だけが分かっている」では、整頓する意味がありません。たとえ自分だけが使用する道具であっても、他人が使用することを考え、誰でもすぐ分かるような整頓を心がけましょう。

整頓のポイント

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事