この記事のタグ: 組織運営 経営者

5Sの「清掃」は、共有スペースも進んできれいに

経営者としての見識を深めたい 2016年3月10日

「清掃」の意味とは何か

5Sの中で最も身近なのが、この「清掃」です。5Sで用いられる意味と一般的な意味が同じであるため、他の活動に比べて分かりやすく、社員に定着させやすいでしょう。

しかし、身近な存在である故、その内容ややり方が軽んじられていることもまた事実です。だからこそ、5S(あるいは3S(整理・整頓・清掃))の一環として「清掃」を進める場合には、改めて「清掃」の目的ややり方について、社員にしっかり理解させる必要があります。

5Sにおける「清掃」のポイントは、次の2つです。

  1. 職場内・道具・設備などの汚れを落とし、常にきれいな状態にしておく
  2. 汚れの発生を防ぐ

この2つのポイントには実に多くのことが含まれています。「清掃する対象はどこまでか」「きれいとはどんな状態のことをいうのか」「どれくらい汚れたら清掃すればいいのか」「きれいな状態を保つことで何が得られるのか、またきれいな状態でなかったら何が起きるのか」など、清掃に関する疑問を挙げれば切りがありません。

5Sを社員に定着させるためには、経営者自身がこれらの疑問に明確な答えを持っていなければなりません。

職場と家庭の清掃の違いを知る

壁・工具・機械設備・部品・材料・倉庫・通路・扉・天井・棚・トイレ・玄関など、職場内にある全てのものが清掃の対象になります。また、落とすべき汚れには、ごみやチリ・ホコリの他、油・材料の切れ端・ワックス・切粉・鉄粉・建築素材・シミ・汚泥・垢・塗料・接着剤・粘着テープ・ゴムなどさまざまなものがあります。

清掃場所が工場であれば、一般家庭とは違った汚れが大量に発生します。また、集めたごみなどを捨てる際にも、環境汚染や法令違反につながらないように特別な処理を行わなければなりません。さらに、作業場の専用道具は、特別な清掃が必要なものもあります。

いつ、誰が、どこを清掃するか

1)いつ

汚れが少なくても決まった時間・曜日に清掃を行う「定期清掃」と、汚れが発生したらすぐに清掃を行う「不定期清掃(臨時清掃)」を組み合わせることが理想的です。 特に、工場内の汚れは時間がたつにつれて落としにくくなるものが多いので、汚れたらすぐに清掃する意識を定着させましょう。 また、定期清掃の際には設備のメンテナンスを同時に行うと効率が良く、設備の劣化防止や不良品の抑制に役立ちます。

2)誰が

自分が関わる場所や使用する道具の清掃は、基本的に本人が行います。ただし、責任感や連帯感を高めるため、日替わり・週替わりの清掃担当を決めておくと大きな成果が期待できます。その際は、誰がどこの担当かをしっかり表示しておきましょう。

3)どこを

特に汚れが集中する作業場、人目につきやすい玄関、汚れやすいトイレなどを重点的に行います。また、災害時に使用する通路や設備そのもの、照明や窓ガラスなどがきれいだと精神的に安定するので、これらの場所にも力を入れます。

また、社員には、自分が関わる場所だけではなく、共有スペースの清掃も進んで実践する意識を持たせることが大切です。

清掃の手順~5つの手順で無駄なく清掃

清掃は、一言で言えば「汚れを取る作業」です。しかし、家庭での清掃とは違って、工場などの現場では清掃する範囲も広く、汚れの度合いも非常に強くなります。また、清掃する道具や洗剤、汚れそのものが危険な場合も多く、通常の清掃以上に敬遠される仕事でもあります。しかし、だからこそ社員全員で清掃に取り組み、より安全に、かつ効率的に汚れを取っていく仕組み作りが必要です。清掃のステップは次の通りです。

ステップ1:清掃方法を決める
ステップ2:清掃道具を用意する
ステップ3:全員で清掃を行う
ステップ4:汚れの発生源対策を行う
ステップ5:日々の清掃を徹底する

清掃のポイント

ここでは、清掃を行う際に押さえておきたいポイントを紹介します。これらを参考に、常にきれいな環境を保つことを心がけてください。

1)ごみ処理の方法を工夫する

ごみ処理の基本は「少量を」「こまめに」処理することです。ごみをごみ箱に大量にためると、処理する際に面倒になるので、ごみ箱を小さくして、少ないごみを都度、処理するように心がけることが大切です。また、こまめにごみを処理させることで、社員のごみに対する意識を高めることにつながります。

2)集めたごみなどの処理方法を工夫する

工場内で発生する特定のごみなどは、決められた場所に捨て、その処理方法を管理監督者と話し合っておきましょう。処理する際のルールについては、法令や経営方針、地域の状況などを考慮し、事前に明確に定めておく必要があります。 3

3)汚れのレベルや種類によって処理方法を変える

接着剤や塗料といった汚れは、時間がたつと固まったり染み込んだりして、除去が困難になります。汚れが発生したらすぐに取り除くことが理想です。しかし、それが難しい場合には、汚れの度合いや種類によって処理方法や清掃道具を変え、効率的な除去作業を行う必要があります。

4)清掃用具を分かりやすいところに設置する

いつ汚れが発生しても対処できるように、清掃用具は分かりやすいところにまとめて保管しておきましょう。また、洗剤や溶液といった消耗品については、常に残量を確認しておき、少なくなったら補充しておくことが大切です。特別な汚れに対する専用の清掃用具は、一般的な清掃用具とは別のところに保管し、きちんと管理しましょう。

5)見えないところまでしっかり清掃する

手の届かない高所・設備と床の隙間・設備の裏側・照明器具の上・小さな部品・電気機器の周りなど、普段の作業では見えない場所にもしっかり気を配っておきましょう。 見えるところだけで満足することがないように、社員に清掃の目的をしっかりと理解させることが大切です。

6)汚れが発生しないような環境作りを心がける

あまりに頻繁な清掃は、業務の妨げになることがあるので、社員に対しては「この汚れを抑えるにはどうしたらいいか」を考えさせることも必要です。設備の点検を兼ねて清掃をさせるとよいでしょう。  また、排気口にカバーをつける・キャスターをつける・玄関に足ふきマットを置く・1日1回換気をする・摩耗した部品を取り換えるといったように、汚れの発生を元から防ぐ工夫を重ねていけば、徐々に清掃作業は効率化され、時間も短縮していくでしょう。

以上

※上記内容は、本文中に特別なことわりがない限り、2016年3月16日時点のものであり、将来変更される可能性があります。

執筆者
日本情報マート

中小企業の頼れる情報源として、経営者の意思決定をサポートするコンテンツを配信。 「開業収支」「業界動向」「朝礼スピーチ」など2000本を超えるコンテンツを有するほか、年間200件以上の市場調査も行っている。現在、50を超える金融機関に情報提供を行っている。

関連記事