経営者としての見識を深めたい

2016年3月11日

5Sの「清潔」は、いつでも、誰でも、どこででも

組織運営 経営者

5S_05

「清潔」の意味とは何か?

「整理・整頓・清掃」の3Sに「清潔」を加えたものが4Sです。これまで説明をしてきた3Sの各項目と「清潔」は、やや意味合いが異なっています。

通常「汚れがなく、きれいな状態」という意味で使われる「清潔」ですが、5Sにおける「清潔」とは、「3Sを維持すること」あるいは「3Sを維持している状態」のことを指します。そのため、企業の5Sが未熟で、2Sあるいは3Sの導入・定着を図っている段階では、この「清潔」の概念を考える必要はありません。「清潔」は、あくまで3Sの導入が完了し、それらを安定・継続して企業内に定着させた企業が着手すべきものなのです。

「整理」によっていらないものがなくなり、「整頓」によって必要なものが効率的かつコンパクトに収納され、「清掃」によってそれらが常にきれいな状態を保っている。これらが継続的に維持されていて、初めて「清潔」だといえます。

つまり「清潔」に取り組むということは、すでに3Sが安定・定着していて、社員の意識改革や企業の体制もある一定のレベルを超えたところに達しているということを表しています。

3Sを維持する清潔の重要性

これまで行ってきた3Sのうち、どれが欠けても清潔にはなりません。やり方が間違っていたり、社員に本当の3S活動の意味が伝わっていなかったり、企業の体裁を整えるだけの表面的な3S活動だった場合、すぐに元の状態に戻ってしまいます。

初めて2S、3Sに取り組んだときは、社内に大きな変化が見られるため、社員にとっても経営者にとっても大きなやりがいがありますが、それらを維持する段階になるとそれほど変化はなくなります。同じことを高いレベルで続けていくには、経営者を含めた社員全員にそれを遂行するための強い意志が必要です。

5Sに取り組んでいる企業の多くが3Sで止まってしまい、なかなか4Sに進めていないことを考えると、「維持すること」がどれほど難しいかが分かります。そのため、4S、あるいは5Sに取り組めている企業は、それだけで優良企業とみなされる傾向にあります。

いつ行っても、どこを見ても、常にきれいであり続けている企業は、それだけで美しいものです。この段階まで来た企業の社員は、そこで働いていることに誇りを感じ、高いモチベーションで仕事に励んでいることでしょう。そして、社員全員が生き生きと働き、気持ちよく5Sに取り組んでいる企業を見た外部の人間は、その企業に大きな驚きと大きな魅力を感じます。

「いつ、誰が、どこで」から「いつでも、誰でも、どこででも」へ

3Sでは、基本的にものや設備を対象に「いつ、誰が、どこで」という視点で限定的に取り組んできましたが、清潔ではその範囲や対象が「目に入る全てのもの」になります。誰がやるとか、いつやるといった区切りや区別はありません。

4Sでは、社内の全ての人間が、目に見える・見えないにかかわらず、社内のあらゆる場所・あらゆるものに対して、いつでも3Sを積極的かつ継続的に取り組むことが求められます。言うのは簡単ですが、実際にこれらを行うには大変な労力と長い時間を要します。特に、3Sを維持するためには、真の意味での社員の意識改革が必要です。1人でも「やらされている」と感じている人がいたら、その時点で清潔ではないのです。

「人」という観点で見た場合、清潔を保つのは、現場の社員だけではありません。5Sでいう「人」とは、経営者はもちろん、パート・アルバイト、内勤の社員、納入業者、外部委託企業の社員、グループ企業の社員、見学に来たお客さま、社員の家族など、社内にいる全ての人を指します。それらの人々が同じ意識を持って5Sに取り組んで、初めて清潔が保たれるのです。

「外部の人にまで清潔を求めることは不可能なのでは?」と思うかもしれませんが、ピカピカでごみ1つ落ちていない廊下に、何の躊躇(ちゅうちょ)もなく、ごみを捨てられる人はそういません。美しい環境と、それを守っている社員を見れば、外部の人も「この環境を汚しては申し訳ない」とおのずと思うでしょう。

清潔を維持するためには、社員全員がきちんと3Sの意味を理解し、心から美しい環境を保とうという意識で、毎日3Sを実践していることが必要です。特に経営者や役員は、現場の社員以上に積極的かつ真剣に取り組むことが求められます。経営者が率先して窓を拭いていたら、周りの社員はどう思うでしょうか。逆に、社長がたばこの灰を廊下に落としているのを見た社員はどう思うでしょうか。

「自分1人くらいやらなくても大丈夫」と誰かが思った瞬間に社内の清潔は崩れ、最初からやり直しになります。そうならないためにも、2S、3Sの時点から「いつでも、誰でも、どこででも」の実現に向け、意識改革を中心に真剣に取り組んでいきましょう。

「見える化」から「見せる化」へ

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事