経営者としての見識を深めたい

2016年3月12日

5Sの「しつけ」は、経営者の率先垂範がカギ

組織運営 経営者

5S_06

「しつけ」の意味とは何か?

「しつけ」は5Sの最後の項目であり、これまでの内容を全て加味した広い概念です。これまでと同じように、5Sも1つ前の4Sをベースにしているため、4Sをしっかり行っていれば、既に5Sもできていると考えてよいでしょう。

「整理・整頓・清掃・清潔」の活動を振り返ってみると、まず「整理」で捨てるものと捨てないものの基準を作ったり、「清掃」で汚れへの対応方法を決めたりと、実にさまざまなルールの下で実行してきました。

「しつけ」とは、これまで決めてきたさまざまなことをしっかり守ることを意味しています。つまり、ものや場所を対象にしてきた4Sに対し、「しつけ」は、ルールや決まりを守る「人そのもの」を対象にした概念といえます。これまでの取り組みで、既に誰が見てもきれいで、効率的な状態が確立されています。それをさらに一歩進め、きれいな状態を常に維持できる人を育てて初めて、5Sが完成するというわけです。

5Sが完成した企業では、全ての社員が会社や仕事に誇りを持ち、生き生きと仕事に励んでいます。ここまでの状態に持っていくには大変な労力と時間を要しますが、それに見合うだけの成果が必ずあります。企業や社員をぜひともこのレベルにまで引き上げ、自他共に認める「優良企業」になりましょう。

しつけを徹底することで人は育つ

しつけを一言で表すと、「社会の一員として周囲のことを考え行動できる人を育てる」ということになります。

整理・整頓・清掃で決められたルールを守ることは、4Sの時点で既に達成していますが、5Sではそれら以外にも、「明るくあいさつをする」「身だしなみを整える」「靴を脱いだらきちんとそろえる」「時間を守る」「就業規則を守る」「廊下を走らない」「周りの人と協力する」といったさまざまなことを守ることが求められます。

つまり、4Sまでは「ルール」を守っていればよかったものが、5Sでは「マナー」や「モラル」といったところまで守る範囲を広げることになります。

また、5Sの段階では、決まりを守るということを習慣化するのを目的としています。つまり、当たり前のことを当たり前にできる人材を育てていくことが、しつけの最終的な目的といえます。

社会人にとって社会の秩序を守り、周囲と協調して生きていくことは最低限のルールです。「当たり前のことを当たり前に行うこと」とは、基本に忠実ということであり、これが成長・発展のベースになります。

誰が誰をしつけるか?

5Sでは「社員全員が」「社員全員に対して」しつけを行っていきます。このレベルまでくると、既に誰が優れていて、誰が劣っているといった区別はなくなっています。また、社員の5Sに対する意識も高まってきており、「誰かに教えてもらおう」という受け身の姿勢でいる社員はいないはずです。社員全員が同じ意識を持ち、お互いが教え合って成長していくことが、しつけの目的であり手段でもあるのです。

5Sでは肩書や役職は一切関係ありません。ルールを守れなかった場合は、たとえ経営者であっても、素直に謝る姿勢が大切です。むしろ経営者が率先してけじめをつけることで、他の社員への戒めとすることが必要です。率先垂範の言葉通り、経営者自らが規範になり、社員を律していきましょう。

また、社員一人ひとりが常に自分を律する姿勢でいることも、5S達成には必要な要素です。自分で自分をしつけるというのは、いささか変な気分ではありますが、4Sを乗り越えてきた社員なら、きっとできるでしょう。

社員が気持ちよくルールを守れるような仕掛けを考える

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事