経営者としての見識を深めたい

2018年3月29日

(最終回)素直の3ステップ/小宮一慶の「経営者の条件」(12)

リーダーシップ 経営者

bp100058

「素直」ということ

社員を採用する際にも、「素直」であるかどうかはとても大切なことですが、経営者自身が素直かどうかということはもっと大切なことです。素直でないといろんな意見が聞けないからです。もちろん経営者は最後には自分で決断しなければなりませんが、衆知を集めることが大切です。この複雑な世の中を自分一人の知恵だけで生きていくのはとても難しいことだからです、多くの意見をうまく咀嚼して最終的な意思決定を行うことが大切なのです。他人の知恵を利用するのです。もちろん、人生の生き方の知恵も同じです。

ただ、注意しなければいけないことももちろんあります。人の意見を聞くと言っても、間違ったことを言う人もいるわけです。それを見分けなければ大変なことにもなりかねません。そのためには、日ごろから、経営や人生についての原理原則をきちんと身につけておくことが大切で、日ごろから良い本を読んだり、立派な方の話を聞くなどしておく必要があります。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事