健康経営®のコラム

2017年5月22日

経営者に知ってほしい健康経営/第2回 健康経営が求められる背景

健康経営®

bp900002top

従業員の高齢化が今後さらに進んでいくことは、厚生労働省の人口動態統計からも明らかといえます。また、職場での転倒・転落による死亡者も増加しています。高齢化のみが原因であると決めつけることはできませんが、高齢化は侮れないのも事実です。ここで問題となるのが従業員の健康と体力です。生活習慣病は加齢とともに発症するリスクが高くなる傾向にありますが、予防することができます。そのため、従業員一人一人のヘルスリテラシー(健康を維持する上での知識等)を高め、自己管理能力を向上させることは、産業保健において重要な課題であり、企業経営においても求められるようになってきたのです。

労働生産性の問題については、プレゼンティーズムの解決が重要です。出勤しているのですが、職場環境や個人の健康上の問題等によって本来従業員が有している職務遂行能力が十分発揮されていない、というのがプレゼンティーズムと呼ばれているものです。職場の環境改善や、従業員の健康管理能力向上によって一人一人の健康と能力が高まり、経営者と従業員がお互いに両立(いわゆるwin-win)を可能とすることになります。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事