健康経営®のコラム

2017年9月5日

経営者に知ってほしい健康経営/第6回 健康経営の実践方法 その3 空間投資

健康経営®

bp900006

経営者が自社の従業員の健康管理を考える時間を作り、健康経営を推進することが決まれば、次のステップは実践ということになります。労働時間内に健康診断や事後措置、さらには、健康教育やメンタルヘルス教育を実施することは、従業員一人ひとりの健康意識(ヘルスリテラシー)を向上させ、自分自身で健康づくりに取り組むことが期待できます。

さて、次の投資は、空間投資です。空間とは職場空間で、空間投資とは快適な職場づくりを意味します。空間投資でまず考えなければならないことは職場の禁煙や、敷地内禁煙です。従来の喫煙ルームをリフレッシュルーム(自動販売機などがあり、受動喫煙防止の対策を講じた部屋)にすることは、従業員の将来の健康を考えると極めて効果的といえます。働くことは一つの拘束を意味します。労働にはその対価が支払われており、職場においては、従業員は経営者の指揮命令下において労働を提供することになります。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事