健康経営®のコラム

2018年2月14日

経営者に知ってほしい健康経営/第11回 「働くことの意味」雇用と失業

健康経営®

bp900011

世界保健機関の報告書で、「失業は、それ自体健康に対して悪い影響を与える。雇用されたことのない人々は、身体的・社会的健康に必要な自立性(identity)や帰属意識(sense of belonging)を労働を通して向上させる機会が全くない。そのような人々は、職場での健康情報を利用できず、労働と健康が相互によりよい方向に影響し合うことに関しても気がつかないであろう。さらに、彼らは自由時間が多いので、時に不安と抑うつが結びついて、就業者よりも酒、タバコ、薬物に溺れやすい。」(WHO Technical Report Series 765: Health promotion for working promotion. 1988 監訳 高田 勗 中央労働災害防止協会)と記載されています。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事