健康経営®のコラム

2018年6月12日

経営者に知ってほしい健康経営/第14回 プレゼンティーズムは疾病就業?

健康経営®

bp900014

労働生産性を考えるときに課題となるのがプレゼンティーズム(疾病を持っての就業)とアブセンティーズム(傷病による欠勤)です。一般的には、少々体調が悪くても、働いてくれさえすれば、それでいいのでは、と考えるのではないでしょうか。

ここで、プレゼンティーズムを説明するためにハイリスクアプローチとポピュレーションアプローチについて簡単に解説いたします。病気を持っている人に保健指導もしくは治療を促す場合(ハイリスクアプローチ)と、疾病を有していない健康な人(ここでは健康診断で異常所見がなかった場合を意味しています)に保健指導をする場合(ポピュレーションアプローチ)、どちらが効果的でしょうか。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事