健康経営®のコラム

2018年7月2日

経営者に知ってほしい健康経営/15回 健康経営の視点―雇い方、働かせ方、働き方

健康経営®

bp900015

これから就職しようとして採用面接に臨んだ時、「将来どのような仕事を希望しますか」という質問に、自分の意見を率直に述べ、その結果、その企業に就職したとしても、描いた夢が確実に実現する可能性は高いとは言い切れないのが現状です。経営者は、新入社員に対して、もてる専門的な能力を生かし業績を上げるように育成計画を作成しますが、現代社会においては、異動に伴い職場不適応となって、休職に至る例が少なくありません。

将来ある若い人たちが、入社直後にメンタルヘルス不調に陥ることもあり、発症理由は、入社前後の大きなギャップに失望したのか、現場で直面する業務を遂行する自信がなく、そのストレスに耐え切れず、結果として心身の不調が出現したのかもしれません。夢見た仕事に就き、ライフワークとしてやり遂げたい、という部下の気持ちを、上司が受けとめ、適性に鑑み、職務を選択するいわゆるマネジメントが必要となります。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事