健康経営®のコラム

2018年7月18日

経営者に知ってほしい健康経営/第16回 副業・兼業・複業と働きがい

健康経営®

bp900016

働き方改革において、「柔軟な働き方」を進めることが検討されている。その一つに、副業・兼業がある。技術革新は働き方をも大きく変革しつつあり、IT環境を整えることで在宅勤務も可能となっている。自宅で仕事をすれば通勤時間がなくなり、通勤ラッシュによる疲労も回避することができ、一方、企業にとっても遠隔通勤の費用も削減可能となる。

また、地域ごとにサテライトオフィスを設けて、業務に就くことができれば、わが国の大きな課題の一つであるM型女性労働力率(わが国の女性の労働力は30から40歳代で減少する現象―出産、育児、育子(いくし)等)の改善にも寄与することが可能となる。さらにオフィスを持たなくても、モバイル機器をフルに活用すれば多くの業務はテレワークとして可能になる支援ツールが存在している。このような働き方は、一人ひとりが経営者的な働き方となり、一つの会社に縛られることなく、自分の得意とする知識や技術等を活かして、生き生きと仕事ができる可能性を拡大したことになる。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事