健康経営®のコラム

2018年12月11日

経営者に知ってほしい健康経営/第21回 自己愛と職場不適応

健康経営®

「自己愛」とは、自分が世界の中心的存在であり、多くの人からの賞賛欲求が強いパーソナリティを有する人で、コミュニケーション(共感)の欠如を意味しています。詳細な診断基準は米国精神医学会の手引きに記載されています。また、「自己愛過剰社会」の著者(ジーン・M・トウェンギら)は社会情勢の変化に伴うナルシシズム(自己を愛すること、自己陶酔)の急速な広がりが自己愛の過剰をもたらしていると指摘しています。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事