健康経営®のコラム

2020年1月14日

経営者に知ってほしい健康経営/第31回 ヘルスリテラシー 医学的根拠に基づいて健康づくり その5 睡眠と健康

健康管理 健康経営®

人生の3分の1は睡眠により、意識的活動ができない状況に陥っています。しかし、この時間が、残りの3分の2の私たちの活動を支えているのです。睡眠は、体と脳の休養に必要不可欠なものです。また、睡眠は私たちの生活リズム(概日リズム)の基本となります。健康的な生活を送る上で重要な生活習慣の一つです。我が国は、先進国の中で最も睡眠時間が短い国とされています。一方では、韓国に次いで長時間労働の国とされています。寝る時間を惜しんで働いているのですが、労働生産性は、国際的には20位以下に位置しています。

どうも睡眠不足が元気に働くことにブレーキをかけているかのようです。睡眠慣性は、睡眠不足による寝ぼけた状態を意味していますが、もしかすると、部下も上司も午前中このような状態に陥って、十分に働けていない状態であってもお互いに当たり前と思っているのかもしれません。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事