この記事のタグ: 健康管理 健康経営®

経営者に知ってほしい健康経営/第34回 ヘルスリテラシー 医学的根拠に基づいて健康づくり その8 飲酒がもたらす健康と疾病

健康経営®のコラム 2020年3月26日

飲酒と睡眠の深い関係については、Natureという国際的に高く評価されている学術誌にすでに発表されている研究があります。それは、睡眠不足は酔っぱらっていることと同じで、注意力が低下し、仕事がおろそかになる、とのことです。一定以上の血中アルコール濃度は、当然のこととして仕事の遂行効率が悪くなる、ということです。お酒は「百薬の長」でもあり、「百毒の長」でもあります。このことについては、「一杯人酒を飲む、二杯酒酒を飲む、三杯酒人を飲む」と古くからいわれているように、適正飲酒がいかに重要であるかを物語っています。酒に飲まれるようになると、心身の不調に陥ってしまいます。喫煙者の交通事故死が多いとの研究結果がすでに発表されていますが、同じく飲酒運転による痛ましい事故が過去に多く発生していることは多くの方が周知していることです。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事