個人としての生活を楽しみたい

2017年5月1日

笑う門には福来る 抱腹絶倒! おすすめ落語の演目

古典 趣味・娯楽

bp700007

落語の魅力の一つは“時代感”

古くから親しまれてきた落語。ここ数年、メディアなどで取り上げられ身近になったように感じます。関連する書籍やDVDなどが置いてあり、寄席も楽しめる「らくごカフェ」や、遅い時間からスタートする「深夜寄席」などには若者の姿も多いようです。

落語には、さまざまな面白さがあります。特に古典落語の場合、話の内容もさることながら、江戸時代などその時代ならではの世相、雰囲気などを感じることができるのも魅力の一つといえるでしょう。

例えば、長屋の住人が織り成す人間模様、粗忽者(そこつもの)のお侍が引き起こす大騒動、花魁(おいらん)とその客が繰り広げる駆け引き……。古典落語は楽しげでいて、どこか不思議な、聞き手を魅了する世界観があります。そうした“時代感”を味わえる演目の例を見てみましょう。

演目その一「藪入り」

1)あらすじ

奉公して3年目、やっと実家への帰省がかなった子どもを待ちわびる一組の夫婦。特に父親は気持ちがはやり、前夜、「あれを食べさせよう」「あそこに連れていこう」と眠ることもできません。

翌日子どもが帰ってきて感動の対面となりますが、3年たって成長した子どもがしっかりと挨拶をする姿を見て、うれしいやら気恥ずかしいやら、胸がいっぱいで話せなくなってしまう父親。しかし、子どもが銭湯へ行っている間に父親の心境には変化が……!?

2)「藪入り」の笑いどころ、面白さ

「藪入り」とは、商家などに住み込みで働いている奉公人が実家へ帰ることができる休日のことです。あまり早く実家に帰ると里心がついていけないと、3年たってやっと帰省できることになった子どもを待つ親のうれしさ、舞い上がる様などが笑いどころです。

父親が楽しみのあまり、おかみさんに「少し寝なさいよ!」と叱られるほど、夜っぴて食べさせるものや連れていきたいところをあれこれ考えたり、夜が明けるか明けないかのうちに家の前を掃除し始めたりする様子が笑いを誘います。

子どもとの再会が待ち遠しいあまり、父親にとっては、とにかく時間がたつのが遅くて遅くて仕方ありません。おかみさんに時間を尋ね、まだ夜中の2時だと知ると、「まだそんな時間か?昨日の今ごろは夜が明けたな」などと言い出す始末です。

落語の中に出てくる「藪入りや 何にも言わずに 泣き笑い」(注)という川柳が表す通り、古き良き時代に見られた親子の情がテーマのこの演目、特にこの演目を得意としていた3代目三遊亭金馬(さんゆうていきんば)の野太い独特の声で語られると、グッと胸に迫ります。

(注)一般的に見られる表記としています。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事