社員を大切にしたい

2016年3月28日

部下は上司の“険しい顔”が理解できません

コミュニケーション 上司と部下のギャップ

300016

登場人物

山田課長(営業一課 課長)
入社18年目の営業一課課長。大学時代まで野球部に所属していたバリバリの体育会系。部下には厳しく接することもあるが、その後のフォローには人一倍心を砕いている。情に厚く、周囲から信頼されている。

 

真一(営業一課所属)
入社5年目。物怖じしない明るい性格で、課のムードメーカー的存在。ただし、物事を楽観的に考える傾向があり、少しそそっかしく、「お調子者」的な部分が顔を出すのがタマにきず。

あらすじ

「当社の商品にご興味を寄せていただき、ありがとうございます。それでは、今お伺いしたご要望を踏まえて、金額を含めた提案プランをご案内させていただきます。今週中には再度ご連絡させていただきますのでよろしくお願いいたします」と声も高らかに、上気した顔で真一は電話を切った。そんな真一に、周りの人から「真一さん、やりましたね。見込み先、またゲットですね!」と明るい声がかけられている。

真一が新任マネジャーに抜てきされた新規開拓プロジェクトは、真一やメンバーの頑張りで少しずつ成果が上がり始めた。

成約に至った件数はまだそれほど多くはないが、次々と、有望な見込み先が増えてきており、チームの士気もかつてないほど上がってきている。

新任マネジャーである真一にとっては、メンバーとのコミュニケーションや効率的な役割分担など難しい点も多いが、山田課長の指導の下、苦労も少しずつ報われつつあるようだ。真一には今のチーム状態が上向きに感じられ、やりがいのある毎日が続いていた。

しかし、そんな真一には一つ気掛かりなことがある。チームの士気が上がるにつれ、メンバーのうれしそうな顔とは対照的に、山田課長の顔が険しくなっている。

もしかしたら自分が何か重大なミスをしてしまったのか、それとも見込み先件数が足りないのかもしれないと考えた真一は、山田課長に見込み先を獲得できたことを報告するとき、思い切って“険しい顔の訳”を聞いてみることにした。

するとそこに、上司と部下のギャップが見えた……。

真一が山田課長に“険しい顔の訳”を問いかける会話

真一:課長、今お時間よろしいでしょうか?

課長:ああ、いいよ。どうしたの?

真一:ご報告です。また1件、見込み先が獲得できました。この間お話ししたA社です。今週中には金額を含めた提案プランをご案内する予定です。うまくいくよう頑張ります!

課長:そうか。良かったな!

真一:はい! 金額を明確に教えてはいただけませんでしたが、先方が想定している予算のおおよその幅は聞けているので、販売できる可能性はかなり高いと思います!

課長:そうか。先方のニーズをよく聞いて提案プランを練ってくれ。

真一:分かりました。

課長:ところで真一。この間受注したB社の件は問題ないのか?

真一:はい。納品は来週金曜日で、請求書も同じ日に発行します。

課長:念のため聞くけど、商品の仕様に間違いがないか、ちゃんとチェックする体制は整っているんだろうね?

真一:はい。メンバー数人に一通りチェックさせたので大丈夫です。

課長:チェックの方法と結果を、真一がちゃんと確認した?

真一:あ……、すみません、まだです。

課長:そんなんじゃダメだ。ここのところ見込み先獲得ラッシュで、これまでとは違ったペースで業務を進めているから、こういうときこそミスが出やすいんだ。しつこいくらい確認しないと、必ず何か抜けるぞ!

真一:……分かりました。すみません……。あの、課長。一つお伺いしたいことがあるのですが……。

課長:何だ?

真一:今、見込み先もどんどん増えてきていて皆の雰囲気もいいし、新規開拓プロジェクトチームは上り調子だと私は思っています。課長は現状をどのようにお考えですか?

課長:真一をはじめ、皆、よく頑張ってくれていると思っているよ。

真一:ありがとうございます。しかし、正直に言うと、課長は何か問題があると考えているように見えます。もし私が何か進め方を間違えているようでしたら、言ってください!

課長:いや、そういう問題ではないよ。好調なときほど、落ち着いてしっかり進めてほしいんだ。

真一:……分かりました(本当にそれだけなのかな……)。

上司と部下、それぞれの思いや考え

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事