社員を大切にしたい

2016年3月30日

お客様が怖い。そのわけは、上司と部下で違います

コミュニケーション 上司と部下のギャップ

300018

登場人物

山田課長(営業一課 課長)
入社18年目の営業一課課長。大学時代まで野球部に所属していたバリバリの体育会系。部下には厳しく接することもあるが、その後のフォローには人一倍心を砕いている。情に厚く、周囲から信頼されている。

 

真一(営業一課所属)
入社5年目。物怖じしない明るい性格で、課のムードメーカー的存在。ただし、物事を楽観的に考える傾向があり、少しそそっかしく、「お調子者」的な部分が顔を出すのがタマにきず。

あらすじ

「よし、一平! 新規Y社様の件で、もう一度今後のスケジュールを確認してみよう!」と、真一は、弾んだ調子で元気よく一平に声をかけた。

真一が一平に資料作成などを手伝ってもらいながら進めてきた新規見込み先Y社(以下「Y社」)への提案。営業二課や提携先と連携が必要なプランで、真一は苦労していたが、そのかいあって晴れてY社に導入してもらえることになったのだ。まだ正式に契約を締結していないが、Y社内での稟議(りんぎ)もほぼ通る見込みとなっている。

こうして、新任マネジャーに抜てきされた真一が試行錯誤してきた新規見込み先開拓プロジェクトはついに花開いた。次々と成果が上がるようになり、真一は意気揚々と業務に取り組んでいる。

喜び勇む真一や一平の姿を見るにつけ、山田課長は、部下の成果に心の中で喝采を送りながらも一抹の不安を覚えていた。

真一がY社と電話で話している内容をはたで聞いていると、導入するサービスが決まった後でも、Y社の担当者からあれこれと要望を言われているようだ。山田課長の見るところ、真一は、そうした要望全てに対して安請け合いしてしまいそうな雰囲気なのである。

初めのうちからそんなふうに顧客に振り回されているようでは、今後、その顧客との取引関係に支障を来しかねない。

そこで、山田課長は、真一にY社からの要望の内容を確認すると同時に、真一がどのように対応しようと思っているのかを聞いてみることにした。

するとそこに、上司と部下のギャップが見えた……。

山田課長が真一にY社からの要望と今後の対応を確認する会話

課長:お疲れ様。Y社は無事決まりそうで、本当によかったな。 真一たちの頑張りのおかげだよ、ありがとう!

真一:(少し照れくさそうに)へへへ。課長のご指導や、一平をはじめ、周りのサポートがあったからこそです! 私一人の力ではありません。皆さんに支えられていることを実感しました!

課長:そうだな! そうやって協力し合って成果を上げてくれてうれしいよ。ところで、Y社からいろいろ要望を言われているようだけど、大丈夫なのか?

真一:一部サービスを変更するかもしれませんが基本的には大丈夫です。

課長:……変更って何?

真一:提案プランのメーンはサービスAですが、ツールBも付けたらいいかもしれない、とY社の担当者は仰っていました。

課長:……真一は何て答えたの?

真一:「即答はできないので、一度社内で検討させてください」と伝えました。

課長:それでどうするつもり?

真一:ぜひともY社を獲得したいので、ツールBも付けて提供したいです!

課長:待て待て。真一が今やるべきことは、Y社に、仕様も納期もきっちり守ってサービスAを導入して、Y社との取引をスムーズにスタートさせることじゃないか!

真一:……はい。でもY社の担当者が……。

課長:だいたい、本当にY社は社として今すぐツールBがほしいって言ってるの? 先方の担当者が電話口でちょっと言ってみただけじゃないの?

真一:分かりません。でも、要望に応えないことで新規先を逃したくないんです!

課長:もちろん、その気持ちは分かる。しかし、相手の要望に応えることと、何でも言われた通りにすることは全く違う。真一、冷静になれ!

真一:……。

課長:いいかい、真一。Y社がツールBに興味を持ってくれたことはとてもありがたい。しかし、サービスAの導入目前でプラン変更をすれば、十分な検証時間が取れず、何らかのトラブルが生じるリスクが高い。そうなれば、結果としてY社に迷惑をかけることになるんだぞ。真一は、それでもいいのか?

真一:でも、どうしたらいいのか……。

課長:今、俺が説明したことを、堂々とY社に伝えてくれ。そして、Aサービスを納品した後、ツールBについても正式に提案すると付け加えるんだ。Y社を大切にしている俺たちの思いは、きっと相手に伝わるはずだ。大丈夫。最後の責任は俺が取る!

上司と部下、それぞれの思いや考え

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事