社員を大切にしたい

2017年6月12日

経営者と管理職にしかできない社員の褒め方とは?

コミュニケーション 部下育成

bp300029

なぜ、「褒める」ことが改めて注目されるのか?

ビジネスシーンでは「褒める」ことが改めて大いに注目されています。全国で「褒め方セミナー」が開催され、経営者や管理職が参加しています。そうしたセミナーでは、隣り合った見ず知らずの参加者が褒め合うなど、とにかく褒めることを繰り返します。

褒めることがこれほど注目されるのは、会社と社員の関係が変わってきたからです。終身雇用が根付いてきた日本の会社には、家族的な雰囲気があるといわれます。一度入社すれば定年まで雇用が保証され、多くの時間を共にします。

一方、家族的な雰囲気だからこそ厳しさも容認されます。「仕事なのだから経営者が社員を指導するのは当然で、厳しさはむしろ愛情の深さの証しである」といった感覚があるのです。

しかし、最近は厳しい指導が問題視されることが増えました。終身雇用の崩壊などを背景に考え方が変わり、「厳しく指導して何度もやらせ、覚えさせる方針」から、「褒めて自発的な行動を促し、学習させる方針」になってきたのです。

また、厳しく指導された部下が精神的な病を患ったり、会社を辞めたりすることもあります。管理職のパワーハラスメントや、そうした管理職を放置した会社の管理不足が指摘されることもあり、こうした労務リスクは低減しなければなりません。

褒める目的はどこにあるのか

褒めるという行為については、「褒めると阿(おもね)るの違いはどこにあるのか」「褒めると叱るのバランスをどう取ればよいのか」といった指摘が常に出てきます。しかし、これは本質を捉えた指摘とはいえないかもしれません。

前述した会社と社員の関係の変化は、「経営者による社員の動かし方が変わった」ことを意味します。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事