社員を大切にしたい

2017年5月8日

部下のミスは、育成に生かそう

コミュニケーション 部下育成

bp300031

また、同じミスが……

「Aさん! これ、どうなっているんだ!!」。総務部に所属する中堅社員のAさんは、突然、課長に大声で呼ばれました。慌てて課長の席に向かうと、怒った表情の課長と、その横にAさんの部下のBさんが、しゅんとした表情で立っていました。

課長の話によると、Bさんが作成した資料に誤りがあったため、再提出をさせたところ、再度、誤りがあったとのことでした。「資料に誤りがあったことは、Aさんにも伝えたよな。そこで、君はBさんにどんな指示をしたんだ」。課長は少し落ち着きを取り戻した表情で、Aさんに尋ねました。

「はい。この資料作成の担当はBさんなので、責任を持って資料を作成するように伝えました。その際、Bさんに誤った原因などを確認した上で、あらためて注意点などを指示しました」そう言うAさんに向かって課長は、「で、完成した資料の確認はしたの?」と質問をしました。

「……いいえ」とAさんは答えました。その答えを聞いた課長はため息をつきながら、「Bさんに責任を持って仕事をやり遂げてもらうという考えは分かる。ただ、進め方がまずかったな」と言いました。

ミスが発生したときにすべきことを確認する

部下がミスを犯した場合、同じミスをしないように指導することは当然ですが、部下育成の機会という視点を持つことも大切です。

部下に限らず、ミスが発生したときの対応は「ミスへの対処」と「同じミスを防止するための対策」が基本です。冒頭の例で言えば、まずは、資料に誤りがあったことに関するおわびや、内容を修正した資料の再提出など、ミスへの対処を行わなければなりません。

また、同じミスが今後発生しないように作業手順を変える、チェック体制を強化するといった対策を講じなければなりません。

なお、同じミスを防止するための対策を検討するときには、対処的な対策と抜本的な対策という2つの視点を持つことが大切です。ミスが発生したら、まずは、ミス防止のために対処的な対策を講じなければなりません。

加えて、「重要性が低い資料であれば、作成自体をやめる」「資料のフォーマットをミスが発生しにくいように簡素化する」などといった、抜本的な対策についても、検討する必要があります。

ミスを起こしたときの指導

ミスを部下育成に生かすためには、前述のような視点に加えて、次のポイントや留意点を押さえておく必要があります。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事