この記事のタグ: テレワーク 健康管理

テレワークの健康問題 経営者が打てる対策は?

社員を大切にしたい 2020年7月20日

1 テレワーク下の「孤独感」に要注意

「新型コロナウイルス感染症のために、テレワークを急ごしらえで導入しました。テレワークが可能な職種はほとんど在宅勤務しています。ハード面は心配ないのですが、従業員に目が届かない分、健康面が心配です」

労働衛生コンサルタントとして、労働環境や従業員の健康について助言している中小企業の経営者から、こんな相談を受けました。

近年、テレワークの必要性は叫ばれていましたが、今般の新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言を受け、この社長さんのように急いでテレワークの環境を整え、開始した企業がほとんどでしょう。そのような場合、ハード面をなんとか整えても、ソフト面、特に従業員の健康への影響については、つい後回しになってしまうこともあるようです。

緊急事態宣言が解除されても、多くの企業はオフィス勤務とテレワークのハイブリッド型を実施していくでしょう。そのため、従業員の健康の問題は今後、ますます重要になっていきます。

テレワークでも従業員に健康的に働いてもらうために、経営者ができることは「孤独感」の解消です。

テレワークを導入してしばらく経過すると、従業員が孤独感を感じることが増えてきます。孤独感の持続は、メンタルや身体の不調を引き起こし、やがて従業員の休業などにつながる可能性もあり、経営者としては注意をしたいところです。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事