この記事のタグ: 健康管理 健康経営®

健康経営が注目される背景や取り組む目的とは?

社員を大切にしたい 2020年12月3日

これからの経営に求められる従業員の「健康管理」

企業にとって最も重要な経営資源である「ヒト」をどう有効活用すべきか。人手不足が叫ばれて久しい中、多くの企業が従業員のパフォーマンスを最大化する人材活用法を模索しています。育成プログラムの導入や新規プロジェクトへの積極的な参画など、さまざまな活用法が見られますが、このとき目を向けたい取り組みの1つが「健康管理」です。

従業員の健康面をサポートし、健康に働ける環境づくりを目指すことで従業員のパフォーマンスを最大化できるようにします。「従業員の健康は各自に任せる」という考えから「企業が従業員の健康づくりに積極的に関与する」という考えにシフトし、自社の経営課題として従業員の健康管理に取り組みます。こうした経営手法は「健康経営」と呼ばれ、業種や企業規模を問わず、近年は多くの企業が健康経営に取り組むようになっています。

では「健康経営」に取り組むことで、企業は具体的にどのような効果を見込めるのでしょうか。本稿では健康経営の基本的な考え方を整理するとともに、自社が健康経営に取り組むに当たって何をすべきか、基本的な取り組み例を簡単に紹介します。

※「健康経営」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事