この記事のタグ: 健康経営® 自転車

自転車通勤者の3大悩み(汗・駐輪場・ 通勤距離)を解消する方法

社員を大切にしたい 2021年3月23日

従業員にとって大きなメリットがある自転車通勤

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、3密を回避する方法として自転車通勤が注目されています。従業員に自転車の利用を促すためのポイントを解説するシリーズの後編は、自転車通勤をする従業員の悩みを解消する方法を紹介します。

国土交通省や自転車活用推進官民連携協議会によると、自転車通勤の健康面のメリットは次の通りです。

  • 内臓脂肪を燃やし、体力・筋力の維持・増進に役立つ。さらに、がんや心臓疾患による死亡・発症リスクの軽減が期待される
  • 適度な運動に加え、乗車やクルマの移動では得られない心地よさが得られるため、気分・メンタルの向上につながるといわれる

自転車通勤は3密を避けるだけではなく、ダイエットや病気の予防といった身体面の健康増進効果、精神面でもメンタルヘルス不調の予防といった効果も期待できます。これまで満員電車に揺られていた人にとっては、毎日の“痛勤”から解放されることは本当にうれしいことでしょう。

なお、企業にとって自転車通勤を導入するメリットや、その際の留意点などは次のコンテンツで分かりやすく解説しています。

■「新しい生活様式」で注目の自転車通勤 導入時のポイントは?■
https://www.ganbarusite-daido.jp/report/personnel/bp300063/

アンケート調査で明らかになった自転車通勤の「悩み」

一方、自転車通勤にデメリットを感じる人もいます。神奈川県横浜市が2019年11月に、自転車愛好家向けに行ったアンケート調査では、自転車通勤ができない課題、したくない理由として、次のようなものが挙がりました。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事