この記事のタグ: 健康経営® 離職防止

中途採用者の離職を防ぐ健康管理の秘訣は意外なところにあった?

社員を大切にしたい 2021年5月6日

「期待の中途採用者が体調不良に……」 ある経営者の相談事例

「半年前に入社した中途採用の社員が、ここのところ体調が悪いらしく休みがちです。経験も豊富なので、わが社での活躍を期待しているのですが…」

産業医として、月に1度訪問している中小企業の経営者から、こんな相談を受けました。

中途採用を行う中小企業の多くが、中途採用者の定着に課題を感じています。中小企業庁によると、中途採用者の採用後3年間の離職率は約3割に及びます。即戦力として期待しますが、中途採用者特有の悩みや課題をフォローしないと、体調不良につながることもあります。

この中途採用者は、30代後半で、入社半年後くらいから突発的な遅刻や休みが続きました。そこで、経営者にお願いして、中途採用者と面談をしました。そのときに聞いた状況は次のようなものです。

  • 入社して、2カ月くらいから、頭痛が生じてきた
  • その後、睡眠状態が悪化。熟睡感が得られず、朝、起きられないことも増えてきて会社を休まなければならなくなった

このような症状が始まったきっかけとして、次のようなことを打ち明けてくれました。

  • 業務自体には自信があったので経験から業務を進めたが、社内の決裁でトラブルを起こしてしまい、すっかり自信がなくなった
  • 同様の業務をするときだけではなく、それ以外の仕事に取りかかろうとすると不安で仕方なく、業務が前に進まなくなってしまう

悩みや課題を抱えていても、転職直後は緊張感もあり、業務についていくことができます。しかし、疲労が蓄積し、徐々に体調がコントロールできなくなります。

この中途採用者には体調管理のために受診してもらった上で、残業を避けて休養に努めてもらいました。その結果、数カ月後には体調を取り戻すことができたので良かったです。ただ、中途採用者が体調不良に陥った期間の損失は、企業にとって大きいものです。

では、どうしたらこのような事態を防げたでしょうか。以降で解説していきます。

中途採用者の離職防止のために企業ができることは?

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事