この記事のタグ: PHRサービス 健康管理

経営者に知ってほしいPHRサービス<第1回:糖尿病とうまく付き合う>

社員を大切にしたい 2021年2月16日

「頑張る経営者の応援サイト」をご覧のみなさん、はじめまして。株式会社Welby(ウェルビー)の比木(ひき)と申します。
Welbyは、さまざまな疾患を抱える方々に、より健康的な生活を送っていただくため、デジタルの力でサポートさせていただくことを目的として、2011年に設立された会社です。早いもので、今年で創立10周年を迎えます。
このたび、全3回にわたって、我々が提供するPHR(Personal Health Record)サービスのメリットと活用方法について、お話したいと思います。どうぞよろしくお願いします。

気がつけば手遅れに

さて、「PHR」というと聞きなれない方も多いと思いますが、その内容に入る前に、今回は、治療にPHRが有効活用されている「糖尿病」についてお話させていただきます。

現在、日本でどれぐらい糖尿病の方がいらっしゃるかご存知でしょうか。ライフスタイルの欧米化などもあって年々増加傾向にあります。厚生労働省の「平成 28 年国民健康・栄養調査結果」によると、「予備群」と呼ばれる方も含め、およそ2,000万人といわれています。実に「日本人の6人に1人」が糖尿病であり、まさに「国民病」とも言えます。今後高齢化が進むことで、さらにその数が増えていくと見込まれています。

糖尿病は、血糖値を下げる「インスリン」という膵臓のホルモンが十分に働かないため、血液中を流れるブドウ糖(グルコース)が増えて血糖値が上がってしまう病気です。血糖値が高いまま長く放置していると、やがて血管が傷つき、心臓病、人工透析、失明、足の切断など、より深刻な状態につながるリスクがあり、また、血糖値が特に高い場合は、それだけで意識を失うこと(昏睡)もあるとされています。

この糖尿病がやっかいなのは、完全に治すのが難しく、放っておくと知らない間に重症化するということです。そのため、食事や運動の改善、投薬治療などにより、日々の生活の中で、うまく病気と付き合っていかなければなりません。多くの方にとってその「付き合い方」が大変重要と言われているのです。

糖尿病の治療は難しい

これまで糖尿病の治療といえば、食事のたびに専用機器の小さな針を指先に刺して血糖値を測定し、「糖尿病手帳」に数値を記入して、月に1回程度の通院時に主治医の先生から食事や運動など、日常生活のアドバイスを受けるといったものが一般的でした。この「毎日、手帳に自分で記録する」というのがなかなか大変で、「手帳が血まみれになる」といったケースもありました。
また、月に1回程度の診察では主治医の先生と十分なコミュニケーションが取れないケースもあります。限られた時間の中で、きめ細かなアドバイスを受けるのはなかなか難しい。さらに最近では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、月に1度の通院も難しい状況となっていると、医療従事者や患者さんからも伺っています。

その結果、治療や生活習慣の改善が長続きしない、症状が悪化して日常生活により厳しい制限がかかってしまう、といった悪循環に陥ることがありました。これが糖尿病の治療の大変難しいところだと言われています。

糖尿病とうまく付き合うために

糖尿病は私たちにとって非常に身近なものですが、その付き合い方にはまだまだ課題があると考えています。また、その付き合い方さえしっかりすれば、重症化を抑えることができる病気であるとも思います。

経営者のみなさまの中には、ご自身やご家族、お知り合いが糖尿病という方もいらっしゃると思います。昨今、PHRサービスの登場によって、この「付き合い方」が大きく変わりつつあります。次回はその内容について、くわしくご紹介したいと思います。

以上

※上記内容は、本文中に特別な断りがない限り、2021年2月8日時点のものであり、将来変更される可能性があります。

執筆者
株式会社Welby 代表取締役 比木 武

○株式会社Welby(ウェルビー)

所在地:東京都中央区日本橋本町二丁目7番1号
設立:2011年9月(2019年3月東証マザーズ市場上場)
事業内容:患者向け治療支援デジタルサービス(PHR)の企画・開発・運用
Webサイト:https://welby.jp/

○代表取締役 比木 武(ひき・たける)

1996年、同志社大学法学部卒業後、住友商事株式会社に入社。米国ハイテクベンチャー企業の日本進出の共同事業を担当し、CATV業界を中心に、シリコンバレーの企業の日本マーケット向け事業開発・商品開発・プロモーションを行う。同社を退職後、米国ヴァージニア大学でMBAを取得。2007年より、楽天株式会社にて、事業戦略や組織改革の業務に従事。2008年に同社を退社し、医療従事者向けのOnline Communityの立ち上げに参画。2011年にWelbyを創業。

関連記事