この記事のタグ: 健康管理 健康経営®

経営者523人に聞く テレワークの健康問題と対策

社員を大切にしたい 2020年11月20日

テレワークにおける健康経営の実態は?

新型コロナウイルス感染症を機に導入が進んだテレワーク(リモートワーク)。「在宅勤務による運動不足」「合わないイスによる腰痛」など、テレワークならではの健康問題が注目されています。

本稿では、経営者523人に独自アンケート(以下「アンケート」)を実施。実際に従業員にどのような健康問題が起きているか、それに対して企業としてどのような取り組みを行っているかをまとめました。この記事を読めば、自社でテレワークに取り組む際、有効な健康施策を考えるヒントを得られます。テレワークでも従業員に健康に働いてもらうために、ぜひご活用ください。

テレワークを実施している企業は約35%

まず、アンケート調査時(2020年9月10日~9月18日)のテレワークの実施状況を聞いたところ、実施中と答えた企業の割合は34.7%でした。このうち半数以上の企業が、全従業員をテレワークの対象にしています。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事