リスクにそなえたい

2016年3月30日

会社のリスクマネジメント入門

BCP リスク管理 組織運営

リスクにそなえたい

会社を取り巻くリスクとはどのようなものがあるか

自然災害や製品事故など会社を取り巻くリスクはさまざまで、社会環境の変化とともに増えてきています。例えば、顧客情報漏洩などのサイバーリスク、いわゆる“ネット炎上”などによるレピュテーションリスク(風評リスク)、コンプライアンス違反などの不祥事リスク、セクハラ・パワハラ・マタハラといったハラスメントリスクなどがあります。

こうしたリスクを回避あるいは低減して適切に対応するためには、リスクマネジメントによるリスク管理などを実践しておくことが大切です。ここではまず、リスクマネジメントの第一歩として、会社を取り巻く主なリスクを洗い出してみましょう。

会社を取り巻く主なリスクの例

リスクマネジメントと危機管理

リスクマネジメントは簡単に言うと、あらかじめ、どのようなリスクがあるかを把握し、対策を立てておくことです。一方、災害・事故が発生したりリスクが顕在化したりしたとき、つまり、何か起きた後のダメージを最小限に抑えるクライシスマネジメントを実践するための備えが「危機管理」です。会社の活動を「平常時」「緊急時」「収束時」に分けて考えた場合、状況別の主な課題と具体的な施策は次の通りです。

状況別の主な課題と具体的な施策

リスクマネジメントのポイント

会社が活動を続けていく上で、リスクを完全になくすことはできません。まずは、経営者がこのことを認識し、自らが先頭に立ちリスクマネジメントを実践していくことが肝要です。

リスクマネジメントでは、「危機管理マニュアルの整備」「全社的な対応方針の統一」「責任窓口の明確化」など、危機的状況が発生しても対応できる体制を構築しておくことが必要です。一般にリスクマネジメントを効果的に実施するためには、次のことが求められます。

  • リスクに対して敏感になるように社員を教育、啓発する
  • 当初は小さな事故・事件と判断されても、後に大事故・大事件に発展することがあるため、事故・事件が発生した場合は、極力情報を収集し、重大性を意識して対応する
  • 事故・事件が発生した場合、地元住民・行政・マスコミに隠さずに情報公開する

また、リスクマネジメントを実効性のあるものとするため、適切な方法や頻度で評価・検証することも重要です。評価・検証の実施に当たっては、第三者機関を利用することも考えます。評価を通じて明らかになった問題点や改善点などは、社内にフィードバックしなければなりません。社会情勢の変化や他社事例なども、自社のリスクマネジメントを是正あるいは改善するための有力な情報源となります。

リスクマネジメントの例:危機管理マニュアルの作成

何か起きたとき、リスクを低減するためには、あらかじめ危機管理マニュアルを作成しておくことも重要です。ここでは、危機管理マニュアル作成のポイントを見てみましょう。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事