リスクにそなえたい

2016年3月12日

悪い報告をもってこい/朝礼スピーチ

朝礼 部下育成

pixta_11714315_S

悪い報告をもってこい/朝礼スピーチ

社会人の基本といわれる報告・連絡・相談、いわゆる「ホウレンソウ」の大切さを知らない人はいないでしょう。しかし、報告は良い報告だけでなく、悪い報告もあります。特に悪い報告は言いにくいものです。今日は、このような「言いにくいこと」をしっかり伝えられることの大切さ、そのための上司の対応について話します。

「バッドニュースファースト」という言葉があります。これは良い報告よりも悪い報告を第一に伝えることを意味しています。しかし、人は誰でも自分にとって「不利な話」「都合の悪い話」「過ち」などを報告することに消極的です。しかしこのことは会社(組織)にとってのみならず、皆さんにとっても非常に大きなマイナスとなります。

良い報告は遅れても会社(組織)に損害を与えることはまれです。しかし悪い報告はそうではありません。早めに報告しておけば会社(組織)として対処が可能であったものが、報告されなかったことで対応が後手に回り、社会的に大きな問題となってしまうことがあります。火事でいえばボヤですむところが、消防署への通報が遅れたため、大火事になってしまうようなものです。

このように問題が大きくなってしまった場合、それを招いた社員の処分も厳しいものにならざるを得ません。

誰しも、「自分の評価が下がったらどうしよう」「ひどくしかられたら嫌だ」などと考えます。そのため、悪い報告を過小に報告したり、責任をほかのことになすりつけたり、場合によっては隠してしまうこともあります。

いくら上司が「悪い報告はすぐに知らせろ」と何度も口を酸っぱくして部下に命令したところで、部下は言い出せないものです。

なぜなら、悪い報告を受けた上司は「なぜ、こんなことになった」「君は何をしていた」「誰の責任だ」などと怒りの感情が先行し、部下を問い詰めることが多いからです。 まず、この姿勢がいけません。上司は悪い報告を受け入れるのが仕事であると考えてください。そして、悪い報告に冷静に対応できるようにならなければなりません。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事