役員を守る「D&O保険(会社役員賠償責任保険)」について解説

リスクにそなえたい 2021年7月15日

会社役員賠償責任保険(D&O保険)とは

会社役員賠償責任保険(Directors and Officers Liability Insurance、以下「D&O保険」)とは、役員が賠償責任を追及されたときに、損害賠償金や訴訟費用(弁護士費用)などの費用を填補する保険です。一般的に、D&O保険には次のようなメリットがあります。

  • 敗訴した場合でも、損害賠償金や訴訟費用が支払われる
  • 役員個人の財産を守ることができる
  • 日本国内だけでなく、国外でも補償対象となる

高額な損害賠償金が求められる事例があることや、国外でも広くビジネス展開していることもあり、多くの上場企業などがD&O保険に加入しています。また、非上場の中小企業でも、役員の過度なリスク負担を軽くして、積極的な職務の遂行を促す、優秀な人材(役員)の確保につながるなどのメリットが期待できます。

この記事では、D&O保険の対象となる役員(被保険者)などに加えて、

2021年3月に改正された会社法のD&O保険に関する規定の新設や、税務上の取り扱い

なども簡単にまとめています。なお、被保険者の対象などの補償内容に関わる部分は、一般的な内容を紹介しています。各商品によって補償内容は異なるので、ご留意ください。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事