印紙税の意味と、納付忘れの場合に課されること

リスクにそなえたい 2020年12月6日

なぜ、領収書や契約書に収入印紙を貼る?

領収書を発行したり、契約書を作成したときなどに、収入印紙を貼ることがありますが、これは印紙税を納付するために行っているものです。

印紙税は、日常の経済取引に伴って作成する契約書や、領収書などの金銭の受領書といった文書に課税される税金です。通常、税金の納付というと税務署などに現金で支払うイメージがあるため、「収入印紙を貼る=納税」という感覚がないかもしれません。そのため、印紙税については他の税金と比べると、あまり注意が払われていないこともあるようです。

しかし、印紙税は税金である以上、しっかりと手続きを取らなければなりません。また、税務調査でも不備を指摘されることも多いので注意が必要です。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事