リスクにそなえたい

2017年9月11日

今日から職場で実践できる地震に備える防災対策

BCP リスク管理

bp200012

会社の防災対策は日ごろの訓練と備えが重要

「防災の日」の9月1日には、全国各地の自治体や会社、学校などで避難訓練が実施されました。VR(仮想現実)を取り入れて、火災現場を疑似体験する避難訓練を行ったところもあるようです。

避難訓練で大切なのは、できるだけ実際に災害が発生したことを想定して真剣に取り組むことです。社員が参加する避難訓練の場合、必ずヘルメットやスマートフォン(携帯電話)、財布を身に着けることを徹底するなどの働き掛けが効果的でしょう。

また、会社の防災対策では、訓練だけでなく、日ごろからオフィス家具の転倒防止や備蓄などに取り組んでおくことが大切です。本稿では、地震を想定して今日から実践できる防災対策の例を紹介します。地震以外のさまざまな災害にも応用できるでしょう。

対策1:職場内の安全対策は、「固定」「整理整頓」で実現

地震のときには、キャビネットやパソコンなどのオフィス家具や什器が転倒し、社員の生命を脅かす危険物となる恐れがあります。転倒・落下・移動防止対策や、避難することを想定して、事前に対策を講じておいたほうがよい点は次の通りです。

  • 全てのオフィス家具や什器を点検し、固定しておく。
  • コピー機のキャスターや壁掛けの絵、時計なども忘れずに固定する。
  • 窓ガラスに飛散防止フィルムを貼る。
  • 避難しやすいよう、デスクの下や出入り口付近に物を置かない。
  • 経営者や上司などが、定期的に一人一人のデスクの下を点検する。

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事