競争力のある会社にしたい

2016年3月9日

会議の壊し屋が口にしがち?一見ポジティブな思考停止ワード

会議 部下育成

PHM11_0239

張り切って発言しているのに……

食品会社で企画・マーケティングを担当している中堅社員のAさんは、現在、大手スーパーなどとタイアップした新商品の企画を担当しています。複数の会社が集まる会議はとても刺激的で、Aさんも積極的に発言するようにしています。

今日も会議に参加しているAさんは、いつも通り積極的に、大きな声で発言しています。「つまり、消費者のニーズについて『仮説』を立てることが重要ですよね」「私たちが作りたいのは、本当にこれなのでしょうか?」「それぞれがプロ意識を持ち、できることを一生懸命にやりましょう!」「それはいかがなものでしょうか……」など、Aさんは一見すると会議に貢献しているような発言を繰り返しています。

しかし、Aさんがこうした発言をすると、他の参加者は「う~ん……」と腕組みをして考え込んでしまうばかりで、議論が前に進みません。

何度か発言した後、Aさんは、もしかしたら自分の発言が逆に議論を停滞させているかもしれないことに気付きました。しかし、具体的にどのように発言したら良いのか分からず、残りの時間は沈黙してしまいました。

会議の価値は「発言」であるものの……

会議の目的や形態によって異なりますが、冒頭のAさんが参加しているような企画会議や販売促進会議では、参加者が知恵を出し合って物事を検討しなければなりません。つまり、参加者の発言やそれに関連する議論こそが会議の価値になります。

会議においてAさんは元気よく発言しているようであり、この点は評価できます。しかし、発言の内容は必ずしも好ましくはないようです。なぜなら、Aさんの発言には現状分析に対する具体性や、将来に向かった提案などが一切ないからです。

もちろん、堂々巡りしている議論を軌道修正するという狙いがあって、「もう一度、『仮説』を立ててみましょう」と発言したのであれば、それは建設的です。

しかし、議論がまとまらない状況の中で、特に深い意味もなく、企画・マーケティングの担当者がよく使うキーワードとして「仮説」という言葉を選んだのであれば、それを聞いたほかの参加者は、「そんなことは分かっているよ……」と腕組みをして頭を抱えてしまうでしょう。

「勇気を持ってとにかく発言する」のは正しいことなのか?

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事