この記事のタグ: 会議 部下育成

会議の壊し屋が口にしがち?一見ポジティブな思考停止ワード

競争力のある会社にしたい 2016年3月9日

張り切って発言しているのに……

食品会社で企画・マーケティングを担当している中堅社員のAさんは、現在、大手スーパーなどとタイアップした新商品の企画を担当しています。複数の会社が集まる会議はとても刺激的で、Aさんも積極的に発言するようにしています。

今日も会議に参加しているAさんは、いつも通り積極的に、大きな声で発言しています。「つまり、消費者のニーズについて『仮説』を立てることが重要ですよね」「私たちが作りたいのは、本当にこれなのでしょうか?」「それぞれがプロ意識を持ち、できることを一生懸命にやりましょう!」「それはいかがなものでしょうか……」など、Aさんは一見すると会議に貢献しているような発言を繰り返しています。

しかし、Aさんがこうした発言をすると、他の参加者は「う~ん……」と腕組みをして考え込んでしまうばかりで、議論が前に進みません。

何度か発言した後、Aさんは、もしかしたら自分の発言が逆に議論を停滞させているかもしれないことに気付きました。しかし、具体的にどのように発言したら良いのか分からず、残りの時間は沈黙してしまいました。

会議の価値は「発言」であるものの……

会議の目的や形態によって異なりますが、冒頭のAさんが参加しているような企画会議や販売促進会議では、参加者が知恵を出し合って物事を検討しなければなりません。つまり、参加者の発言やそれに関連する議論こそが会議の価値になります。

会議においてAさんは元気よく発言しているようであり、この点は評価できます。しかし、発言の内容は必ずしも好ましくはないようです。なぜなら、Aさんの発言には現状分析に対する具体性や、将来に向かった提案などが一切ないからです。

もちろん、堂々巡りしている議論を軌道修正するという狙いがあって、「もう一度、『仮説』を立ててみましょう」と発言したのであれば、それは建設的です。

しかし、議論がまとまらない状況の中で、特に深い意味もなく、企画・マーケティングの担当者がよく使うキーワードとして「仮説」という言葉を選んだのであれば、それを聞いたほかの参加者は、「そんなことは分かっているよ……」と腕組みをして頭を抱えてしまうでしょう。

「勇気を持ってとにかく発言する」のは正しいことなのか?

会議に参加する人に対して、「勇気を持って、とにかく発言してきなさい!」と送り出す上司が少なくないようです。これは、「緊張を乗り越えて、一回り成長して欲しい」という上司の思いがあっての激励であり、「一度発言してしまえば、その場の雰囲気にも慣れるだろう」という期待もあります。

しかし、特に複数の会社が参加する“他流試合”の会議では、どんな発言でも許してもらえるわけではありません。もちろん、的を外した発言を、その場でたしなめられることはありません。しかし、ほかの参加者は「この参加者は分かっていない」と自分に対する評価を下げています。

以上から、もし、自分の考えがちょっとズレているような気がして発言をためらっている場合は、無理をせず、少し黙って様子を見るようにしましょう。的を外した発言をしてほかの参加者から軽んじられるよりも、沈黙していた方が、後々、自分にとって有利になります。

ただし、ひたすら黙っているだけでは存在感が薄れてくるため、相槌は大きく打ちますし、発言者が冗談を言っているような場面では、大声で笑ったりします。

会議の発言で心掛けたいこと

1)発言は周囲に配慮する

ビジネスでは、物事を自分(自社)が有利になるように解釈してしまうものですが、それが会議の発言で前面に出てしまうのは問題です。ほかの参加者から「自分の利益ばかりだ……」という嫌悪感を抱かれてしまうからです。

会議中、参加者は心の中で自分(自社)のベストシナリオを考えていますが、それをストレートに発言するのは控えた方が良いでしょう。周囲に配慮し、本音は少しオブラートに包むくらいで良いのです。

ただし、会議が間違った方向に進むのを正すときや、自分(自社)が圧倒的に不利な立場に追い込まれそうなときには、強く主張しなければなりません。その際の発言の影響力を維持するためにも、不用意な発言は避けた方が好ましいのです。

2)思考停止ワードに気を付ける

会議において、冒頭のAさんのような発言をする人は珍しくありませんが、特に考えもないままに、「つまり、消費者のニーズについて『仮説』を立てることが重要ですよね」などと軽々しく発言すると、自ら会議を停滞させてしまう恐れがあります。

この発言の問題点は、「仮説」というキーワード自体にある訳ではなく、それを補強する説明の欠如にあります。

「仮説」を立てるためには、その根拠となるデータと、新たな「仮説」の方向性を示す提案が必要です。これらを示さずに「仮説」を立てると言われても、それは議論が停滞した中での思考停止ワードでしかありません。同様に、「それはいかがなものでしょうか……」と発言する人もいますが、このように発言するからには、「私であれば、こうします」と続かなければなりません。つまり、発言には「具体性」が必要なのです。

「質問」が最大の武器である!

会議では、必ず主催者やファシリテーターがいます。もし、自分の発言がズレているかもしれないと感じたならば、主催者などに「今の私の発言は論点がズレていましたか?」など素直に質問してみると良いでしょう。こうした質問をすることで、ほかの参加者は「この人は冷静に会議の成り行きを見ており、全体に貢献しようとする意識も高い」と評価してもらえることがあります。

「伝え方」にも気を配る

最後に、発言する際は「伝え方」にも気を配りましょう。基本は、相手に配慮し、建設的に発言することです。例えば、「それはいかがなものでしょうか……」ではなく、「これまでの議論を振り返りながら、問題点や課題がないかを再度確認してみませんか?」と発言すれば、ほかの参加者の印象は大きく違ったものになるでしょう。

以上

※上記内容は、本文中に特別なことわりがない限り、2016年2月29日時点のものであり、将来変更される可能性があります。

執筆者 日本情報マート

中小企業の頼れる情報源として、経営者の意思決定をサポートするコンテンツを配信。 「開業収支」「業界動向」「朝礼スピーチ」など2000本を超えるコンテンツを有するほか、年間200件以上の市場調査も行っている。現在、50を超える金融機関に情報提供を行っている。

関連記事