競争力のある会社にしたい

2016年3月21日

その料理はまずくない!脱「自分本位」の正しい気遣い

コミュニケーション マナー 部下育成

pixta_12063444_S

相手に配慮したつもりだけど…

営業部に所属する中堅社員のAさんは、取引先が主催する食事会にゲストとして参加しました。Aさんの会社とその取引先は新しいビジネスを立ち上げたため、取引先がお祝いの食事会を企画してくれたのです。

お酒も進み、Aさんは食事会を楽しんでいますが、料理にはほとんど手を付けていません。その日の料理にはAさんの苦手な食材が多く使われており、味付けも口に合わなかったからです。

ゲストが料理に手を付けていないのをみて心配になった取引先が、「お口に合いませんか?」と尋ねてきました。Aさんは、料理が口に合わないことをはっきり伝えるのは取引先に対して失礼だと考え、「いや、そんなことはないですよ…」と、その場を取り繕いました。しかし、その後もAさんは、料理にほとんど手を付けませんでした。そんなAさんをみた取引先の面々は何となく気分がそがれてしまい、料理を食べにくい雰囲気が生まれてしまったのです。

主張してもよい場合とそうでない場合

「料理がおいしい、または口に合わない」「価格が高い、または安い」「映画に感動した、または特に感じることはない」といった好みは人それぞれ異なります。また、それをどのように主張するかは、各人の自由でもあります。

しかし、「料理がおいしい!」などプラスの好みを伝える場合は問題ありませんが、マイナスの場合は注意が必要です。

例えば、「料理が口に合わないときは、そのことをはっきりと伝えたほうが、相手のためになる」という人がいます。この場合の相手とは、プロの料理人を指しているのでしょう。確かに、ビジネスとして料理を提供しているプロの料理人の立場であれば、味付けなどに対するお客様の忌憚のない意見はとても貴重でしょう。

一方、冒頭の食事会の例ではどうでしょうか。大切なゲストのために一生懸命にお店を選んでくれた取引先に対して、料理やお店の「ダメ出し」をすることは、その後の取引先との関係性を考えてもよいことだとはいえません。

自分基準であることを認識する

この記事は会員限定です。会員登録をして頂くと続きをお読み頂けます。

関連記事